メインビジュアル

100 %源泉かけ流しの
本物の温泉

桶 妙高山から自噴している源泉の湯を、
循環、足し湯を一切せず、
100%そのままかけ流しております。

妙高の温泉が
「本物の温泉」
と言われる理由

  • 泉質
    1

    2種類の泉質があるから

    日本百名山のひとつである妙高山から自噴している温泉で、「硫酸塩泉」「炭酸水素塩泉」という2つもの泉質を併せ持つ特別な温泉。
    効能が高いから身体を芯から温めます。

  • 湯加減
    1

    自然のめぐみの湯加減

    源泉50度の北地獄谷から数キロの旅を経ることで、浴槽に満たされる頃には40~42度の適温になります。
    加水をしないので温泉成分がそのまま湯口から溢れます。

  • 湯の華
    1

    湯の華

    温泉に混ざっているのが「湯の華」。湯の華は、保温を高める効能の素と考えられており、これこそが、大地のめぐみであり、源泉かけ流しの本物の温泉であるという証です。

  • 美肌
    1

    美肌

    カルシウムとミネラルがとても豊富な温泉で、更に「炭酸水素塩泉」という泉質は美肌をつくってくれます。保湿効果にも優れており、別名美人の湯とも言われるのは入って納得。体の内側と外側の両方から潤いを与えてくれます。

源泉かけ流し「本物の温泉」
3つの楽しみ方

星空を眺める 
露天風呂「白樺の湯」

白樺の湯

源泉かけ流しの温泉を露天風呂でお楽しみいただけます。
「白樺の湯」の名の通り、露天風呂目の前には白樺の木々が立ち並びます。
妙高山から続く傾斜の中ほどにある旅館のため、心地よい風が頬をなでます。

入浴時間/AM6:00~PM23:00
男女入れ替え制となっております。お時間にご注意ください。

女性のご入浴時間 
6:00~10:00、19:00~23:00

男性のご入浴時間 
13:00~18:30

※気温低下のため、冬季(11月~4月上旬)はご利用いただけません。

ひのきの貸切風呂
「どんぐりの湯」

白樺の湯

どこか気品のある感じを与えるヒノキの香り。
総ひのきの貸切風呂では、浴槽いっぱいにひのきの香りが漂います。
香りに加え、お風呂から見えるのは妙高山の迫力ある景色。
一人だけで入るのも良し、ご家族、カップルで入るのもよし。
各々の贅沢な空間をお楽しみください。

入浴時間/AM7:00~PM10:00 
料金/1,050円(45分)
※チェックイン時にフロントにてご予約ください。(事前予約不可)
※混雑時には、ご希望のお時間にお取りできない場合もございます。
※一年中ご利用いただけます。

ひのきの内風呂

ひのきの内風呂

ひのきの内風呂リニューアルオープン。
ひのきの内風呂から妙高山のを眺めることができます。
北信五岳の一つである最高峰の妙高山は四季折々の姿をのぞかせます。
そんな妙高山から自噴している温泉は湯量が豊富!
源泉かけ流しの温泉でゆっくりお過ごしください。

入浴時間/
24時間いつでもご利用いただけます。

旅館おかやまの女将から、
女性と赤ちゃんへの思いやり

  • 乳児

    赤ちゃんに優しい安心グッズ

    脱衣所にはベビーベット、浴室専用のベビーチェアなどをご用意しております。赤ちゃんと安心してご入浴をお楽しみください。

  • 女性に嬉しいパウダールーム

    広々パウダールームを完備。優しく髪を乾かすドライヤーから化粧水などのアメニティまで、女性の皆様にやさしいグッズを取り揃えております。

赤ちゃんから大人までうれしい、
入浴前後のいろいろ

  • 浴衣

    色浴衣をご用意

    お子様用の浴衣もご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。

  • 設備

    おしゃれな洗面台

    昔の蛇口をちょっとお洒落にリメイク。洗顔料、化粧水や乳液もご用意しております。

  • 遊具

    赤ちゃんグッズ

    赤ちゃんとお母さんに安心してご入浴いただけるように、赤ちゃんのお風呂グッズをご用意しております。

  • ビール

    湯上りビール

    お風呂上りと言えばやはり生ビール。なぜこんなにも美味しいのでしょうか。ご注文はお気軽にお声がけください。

知って得する! 入浴5ヶ条

  1. 入浴前後には十分な水分補給をすべし。
  2. 入浴前には足先など心臓の遠くから順に、十分な「かけ湯」をすべし。
  3. 入浴中は頭全体を覆うように濡れたタオルをのせるべし。
    内湯と夏の露天風呂はのぼせ防止のために水で濡らした冷たいタオルを。
    冬の露天風呂は頭の保温のためにお湯で濡らした温かいタオルを。
  4. 一気に長湯をせず、浴槽から一時出ての休憩を入れる「分割浴」をすべし。
    熱湯は3分、3分、3分の入浴。
    ぬる湯は5分、8分、3分の入浴。
  5. 疲労回復には膝下の「温冷交互浴」が有効なり。
    お湯3分、水1分を3〜5回繰り返す。
知って得する! 入浴5ヶ条

ページ上部へ